【リゾートバイト】どんな人がどの職種に向いているのか?

【リゾートバイト】どんな人がどの職種に向いているのか?

リゾートバイトは主に日本全国のホテルや旅館で働くのが一般的でして、職種としては仲居さんや裏方、調理、清掃、フロントなどがメインになっています。

ほかにも、イベント施設でスタッフとして働く仕事であったり、スナックのカウンターで接客する仕事などもあります。

実際にリゾートバイトをやろうと思った時に、自分は一体どの職種に合っているのだろう?と悩んでしまう人も少なからずいますので、ここで、それぞれの職種に合っている人物像を紹介していきたいと思います。

どの職種にしようか迷っている人は参考にしてみてください!


職種1. 仲居さん

仲居さんはリゾートバイトで最も仕事案件が多い職種となります。

実際に現在働いている人の数は多いですし、仲居さんはどこのホテルも旅館も人手不足に悩まされていますので、とても需要があります。基本的にどの時期でも募集がたくさんあり、宿側も即戦力を求めていますので、派遣されたらすぐに沢山働ける現場でもあります。

大型のホテルや旅館の仲居さんは、比較的忙しい傾向にあり、残業をできる確率がとても高いため、20万円以上稼げる場所は結構あります。先程も紹介したように、基本的に人手不足に陥っていますので、そのぶん一人一人にしわ寄せが来て忙しくなっている感じです。

よって、仲居さんに向いている人は接客が好きな人や、短期間でたくさん稼ぎたい人になっています。それから男性よりも女性のほうが働いている人の割合が多いのが現状としてありますので、女性に向いている職種でもあります。

もし仲居さんで高時給を求めているなら、アルファリゾートという派遣会社に登録すると高時給な案件がたくさん揃っていますよ!

 

職種2. 裏方

裏方は、ホテルや旅館で主に接客はせずに裏(バックヤード)で仕事をする職種になります。

食事の配膳をしたり、掃除をしたり、布団引きをしたりするのがメインですね。宿によっては、少しだけ接客する場合もあったりして、そのホテルによって仕事内容は異なってきますので、もし知りたい方は事前に派遣会社のスタッフに確認することができます!

さて、裏方に向いている人は接客が嫌いな人ですね。

多くの現場は接客しないことがほとんどですので、人前に出るのが嫌だったり緊張してしまう人は是非こちらの裏方を選ぶといいと思います。

さらに、裏方の最大の特徴は稼げることでして、本当に忙しい現場へ行けば月30万円以上稼ぐことも可能となっています!裏方は結構大変な職種でもあり、体力勝負といった感じになっています。

ですので、1日12時間残業できる現場もありますし、ホテルや旅館が大型であればあるほど忙しくて残業することができますので、お金は稼げます。

まとめると、接客が苦手な人や嫌な人で短期間でたくさん稼ぎたい人におすすめできる職種ですね。

 

職種3. 調理

調理はホテルや旅館でお客様に提供する料理をつくるのが仕事です。

リゾートバイトで派遣される場合には、料理をつくるというよりも料理を盛り付けたり皿洗いをしたりといった、調理補助的な感じの仕事が多くなっています。

調理で働く場合の時間帯は、早朝からお昼前まで、午後3時くらいから午後7時くらいまでが勤務時間となっています。調理の人は「中抜け」と言って、通しの仕事ではなくて途中で休憩がある勤務形態になっています。

そして、調理は怒鳴ったりする人が多い現場でもありますので忘れないように!

忙しくない限りは基本的には残業しない職種になりますので、たくさん稼ぎたい方にはあまり向かないですね。

料理をつくるのが好きな人や、居酒屋やレストランで働いたことのある経験者なんかにおすすめな職種と言えるでしょう。

 

職種4. フロント

フロントはその宿の顔として、お客様が来て一番最初に接するため、接客が得意な人にはとくにおすすめな職種となります。

こちらは完全に接客業でして、チェックインや電話対応、さらにお客様からのクレームなどの対応もあるため、接客嫌いな人にはまったくおすすめできません!

将来接客業に就きたい人や、接客の経験がある人などは是非おすすめですね。

また、英語力を上達させたい人にもおすすめな職種でして、現在、訪日観光客が増えていますので、多くの宿では英語が話せる人・興味のある人を募集している状況です。

ですので、もし留学の資金稼ぎなどでリゾートバイトをしようと考えている人は、是非フロント業務はおすすめできますね。

 

職種5. 清掃

清掃は、お客様が帰った後の部屋片付けがメインの仕事となります。

時間が限られていますので、テキパキできる人仕事が早い人には最適な職種と言えるでしょう!逆に、マイペースな人にはあまり向いていません。

残業は基本的にはできないと考えたほうがいいと思います。

時給に関しても、基本的にほかの職種よりも50円〜200円くらい安い場合が多く、それでもって残業ができないので、あまり稼げないと認識しておいたほうがいいでしょう!

チームワークでの作業ではなく、一人で黙々と仕事する感じになりますので、一人でテキパキ仕事をこなせる人には向いていますね。

 

職種6. スナック

この職種は主に深夜帯での仕事となります。

募集案件を見ていると女性限定の案件も多いですので、女性にとくにおすすめな職種と言えるでしょう!さらに深夜帯ということもあって時給がとても高いですので、とにかく稼ぎたい人には是非おすすめです。

スナックでの仕事は接客業になりますので、話好きな人にも持ってこいの仕事となります。それから、深夜帯での仕事を望んでいる人にも最適ですね。

 

職種7. レストラン

レストランとして働く場合の多くは、バイキング形式のホテルに派遣される可能性が高く、バイキングでの配膳や食器の片付けなどがメインの仕事となります。

とくに大型ホテルなどでは、多く人が一度にバイキング会場に来ますので、とても忙しくなります。ほかの現場からヘルプが来るくらい忙しい現場もありますので、こちらもテキパキ仕事がこなせる人が求められますね。

お客様と直接話したりすることは少ないですが、お客様の前に出て仕事をすることになりますので、接客嫌いな人が避けたほうがいいかもしれませんね。

 

職種8. 売店

売店はホテルなどの売店や、観光地にあるお土産屋などでの勤務となります。

基本的には商品を補充したりレジでお会計をするだけですので、そこまで難しい仕事ではありません。ただし、接客は普通にしますので接客が好きな人にはおすすめです。

売店の場合、お店が開いている時間帯は決まっていますので、基本的に残業することは少ないように思います。忙しくて補充が間に合っていない、などの場合には残業することもあるかと思いますが、基本的にないと思ったほうがいいでしょう。

 

職種9. 事務・受付

ホテルや旅館など宿泊施設での事務作業や、キャンプ場などでの受付などがあります。

受付は接客しますが、事務は裏で黙々と事務作業をします。

どちらも割と個人情報などを扱ったり、受付に関しては説明をしたりする場合もありますので、重要な職種となります。数字に強い人受付などで接客経験がある人に適していると言えるでしょう!

残業はあまり多くなく、時給に関してもほかの職種とそこまで変わりません。

 

職種10. スキー場

スキー場での仕事は冬限定となり、主にスキー場での受付やレンタル品の貸し出し、リフト乗り場での案内などがメインとなります。普通に滑れるようですと、コース点検やスキー場の監視など、滑りながら仕事をすることも可能です。

こちらの職種はスキーが好きな人には絶対的におすすめで、休みの日などは滑ることができますし、しかもリフト券が無料になったりしますので、とにかく滑りたい人は是非冬に応募してみましょう!

スキー場はたくさんありますので、案件自体はとても豊富です!

 

自分に合った職種を!

リゾートバイトをするなら、是非自分に合った職種を選ぶようにしましょう!

接客嫌いな人が接客の仕事を選んでしまうと、働いている間はかなり苦痛な時間になってしまいますし、すぐに辞めたくなってしまいます。実際に自分に合っていない職種を選んでしまって、すぐに辞めてしまう人も多いのです。

ですので、これまで紹介してきた事を参考にして、是非働きたい職種に応募するようにしましょう!

最後に、派遣会社をお探しならヒューマニックがおすすめですよ!